トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

もうかるには訳がある ~その3~

かくいう私もそれなりに儲かっています、

先に述べた二人には遠く及びませんが(苦笑)去年末(2004年末)にはマンションを買ったし、生命保険の月々の額を八千円から一万五千円に上げました(笑)

ではそれなりに数を描いているのかというとそうでもありません、

今流行りの「拘束料」です。

自分の認識下では「半拘束」なのですが額だけ見ると違うのかな?という額をもらっています(笑)

大手二社から貰っているので結構な額になりますが、こんな私を金だけ渡して仕事させないと、単価で齷齪働いている人たちが暴動を起こしかねないので、もしこのブログをその二社の制作が見ていたらジャンジャン仕事を持ってくるようにして下さい(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

もうかるには訳がある ~その2~

先輩〇〇さんは私がアニメーターになりたての頃は合作中心に仕事を取っていました。

その先輩はとある合作を引き受け、まずは契約金を貰い月々の支払額を決めて期間中作業量に関係なくは給料のように定額振り込まれる状態がしばらく続いたようです。

しかし実作業する事がしばらくなかったので内緒で他作品をやっていたらしく、結果的にその作品は流れてしまったので「違約金」なるものが派生し先輩は大した作業もせずかなりの額を頂いたという事らしいのです。

どのくらい頂いたかは聞かなかったが先輩は30才になるまでに

「一億」稼いだと言っていました。

(全部使っちゃったとも言っていた(笑))

最近も合作儲け話があります。

キルビルのアニメーションパートをやった中澤一登氏は

「田園調布に家が建つぐらい貰った」

と言うコメントをweb上で見かけたことがありあます。(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

もうかるには訳がある ~その1~

まずは数をこなすこと、当たり前と言えば当たり前のつまらない答えですが実際やる人間がいるわけなのですから無視は出来ません。

次にギャラのいい仕事をする、これは運に依存するところが大きいのですがうまくいけばすごいことになります。

この二点がすべてな訳ですが、業界を少しかじった程度の人間なら「そんなの高が知れている」というでしょう。

しかし、自分が見てきた先輩たちは常識では考えられない過程を通過してきたのです。

では内訳を前者から、

私の師匠はそれはもう数をこなす事にかけては業界トップクラスで、私が師匠のスタジオに入る5年ほど前の全盛期(と言うべきかは疑問ですが)には月にキャラクターデザイン、各話作監4本、原画、版権物(雑誌、ポスター、ジャケット画)数点をこなしていました、各話作監4本だけでも当時の相場で80万といったところでしょうか、版権に及んでは2.3枚書けば結構な金額になると思いますが、その当時の雑誌等の取り上げ方を思い出してみると10枚ぐらいは軽く描いていたのではないかと思われます。

若かった師匠は後から多額の税金を取られることを知らずに、ついつい好きな車を二台だか三台買ったという話を聞きました(笑)

私がスタジオに入った頃、師匠は全盛期を過ぎていたものの月~金の10分番組全話作監しつつ他作品の(30分物)作監をしながら原画もやるといった具合で、いつも4.5時間の作業で10センチほどの作監上がりの束を棚に置いていたような記憶があります。

ここまで聞いた業界を少しかじった程度「以上」のアニメ関係者であれば自ずと年収が想像出来ると思います。

次に後者、ギャラのいい仕事と言えば私が新人の頃は「合作」です。

今では日本の相場に合わせたギャラを設定してくるが当時は違ったらしいのです。

~つづく~

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アニメーターはもうかる

出身スタジオの先輩の仙波さんもどこかのゲーム雑誌に書いていましたが、アニメーターはもうかります(笑)

私の師匠とその周りの方々を見る限りそうだでした、師匠はスタジオに入って間もない私に約1センチほどの札束を見せてこう言いました

師匠 「これなんだと思う?」

私 「えっ?・・・わかりませんが・・・」

師匠 「税金・・・(笑)今から納めに行く。」

新人だった頃の私にとってそれは良い目標でした、がんばればこの業界でももうかるんだと・・・

しかし、私は40代を目の前にしてかなり稼げるようになった今でも税金はまだ還付される側

とられるまで行くにはもうひとがんばりであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

はじめてみた

ブログをはじめてみる事にしました、

かねがねやってみたかったのですが何を書くべきか迷っていました。

とりあえず何かと書きたいことがたくさんあるので、自分の職業である「アニメーター」にまつわる事に絞って書こうと思います。

他に書きたいことが出来たら、それはまた違うHPなりブログなりになると思います。

と言うわけで、どうぞよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トップページ | 2005年10月 »