« もうかるには訳がある ~その1~ | トップページ | もうかるには訳がある ~その3~ »

もうかるには訳がある ~その2~

先輩〇〇さんは私がアニメーターになりたての頃は合作中心に仕事を取っていました。

その先輩はとある合作を引き受け、まずは契約金を貰い月々の支払額を決めて期間中作業量に関係なくは給料のように定額振り込まれる状態がしばらく続いたようです。

しかし実作業する事がしばらくなかったので内緒で他作品をやっていたらしく、結果的にその作品は流れてしまったので「違約金」なるものが派生し先輩は大した作業もせずかなりの額を頂いたという事らしいのです。

どのくらい頂いたかは聞かなかったが先輩は30才になるまでに

「一億」稼いだと言っていました。

(全部使っちゃったとも言っていた(笑))

最近も合作儲け話があります。

キルビルのアニメーションパートをやった中澤一登氏は

「田園調布に家が建つぐらい貰った」

と言うコメントをweb上で見かけたことがありあます。(笑)

|
|

« もうかるには訳がある ~その1~ | トップページ | もうかるには訳がある ~その3~ »

アニメ業界」カテゴリの記事

コメント

お金儲かる人は儲かるんですね。
僕なんかはかなり貧しいですが、、、
でもやっぱりふくださんのようにちゃんと商売として考えて仕事する人がアニメ界には必要な気がします。
そうなればアニメ界も少しは潤いそうです。

投稿: おじいさん | 2005年9月26日 (月) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140395/6127330

この記事へのトラックバック一覧です: もうかるには訳がある ~その2~ :

« もうかるには訳がある ~その1~ | トップページ | もうかるには訳がある ~その3~ »