« アニメーターをマネージメントする ~その1~ | トップページ | アニメーターをマネージメントする 〜その3〜 »

アニメーターをマネージメントする 〜その2〜

金銭アップはもちろん「マネージャー」であるからには仕事をとって来たりスケジュール管理もします。

現状、アニメーターの仕事はありすぎるほどあります、その中から自分に合った作品を探し出すのも大変だし、「潜在的注文」も数限りなくあるはずです。

マネージャーは営業しつつアンテナを張り巡らし担当アニメーターのために無駄な情報は省き、有益な仕事のみをチョイスさせるフィルター的役割を担います。

そして制作との間に立つクッション様な役割。

連絡の不行き届きは揉め事の種ですが業界にはありがちです、さらに制作が新人でアニメータが口下手な小心者だったりするとただただ作業が滞り立ち行かなくなります。

正確な数字ではありませんが今の制作進行達は4.50%が新人だと思います(体感値)。

デスクなどがちゃんと管理、教育してくれている会社は良いですが大抵は出来てなく現場に迷惑をかけます。

アニメーター達はそう言ったストレスからも身を守らなくてはいけません。その為にも仲介役「マネージャー」が必要なのです。

私がここまであげた意見全てにおいて「個人の自己管理でやるべき」という方もいるだろうが答えは感心できません。

アニメーターは絵描きであり役者でありカメラマンですが商売人(営業)ではありません、過去に絵描きが営業まで担って大失敗した例があります、「手塚治虫」です。

個人的な失敗ならまだしも、現在の問題「アニメーターの低賃金」の基盤を作ってしまいました(あくまで基盤だけです)、そんな過ちを何度も繰り返すのは愚の骨頂です。

ただ営業が好きで交渉力があるというアニメーターなら話は別です、野球で言うところの「プレイングマネージャー」みたいに選手(アニメーター)兼マネージャーなんていうのもありだと思います。

でも、そうするのならアニメーターの仕事は減らすのが前提です、手塚治虫の轍を踏まないために(笑)

あと、徒党を組むと以前書いたが適切ではなかったかもしれません、団体になった方が良い言う意味であったのですが、団体を組むメリットは他にもあります、「レンタル移籍」です。

長くなったので続きは次回(笑)

|
|

« アニメーターをマネージメントする ~その1~ | トップページ | アニメーターをマネージメントする 〜その3〜 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140395/8426061

この記事へのトラックバック一覧です: アニメーターをマネージメントする 〜その2〜:

« アニメーターをマネージメントする ~その1~ | トップページ | アニメーターをマネージメントする 〜その3〜 »