« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年3月

愛すべきダメ人間と憎むべきダメ人間 ~その1~

アニメーターというかアニメ関係者はダメ人間ばかりと言っても過言ではないぐらいダメだ、

心底まともだと思える人間は1%ぐらいでそこそこまともだと思えるのが10%ぐらいか・・・、

かくいう自分もダメ人間だと思う。

しかし私はこう思う、

「ダメで良い、むしろダメぐらいで丁度良い」と。

例えばアニメーターの多くが社交性に乏しいダメ人間だ、しかし内にこもるという性格は絵を描く事においてはプラスに作用する。

一般人が口や文章で表現できる事が絵描きにはできないから絵で表現する様になる。

かなり好意的な解釈だと思われる方も多いと思うが例えばこうだ、

内向的で自分に自信の無い絵を描くことを趣味にしている少年がいたとする、そんな彼に好きな女の子出来ると、勿論告白したり打ち明けたりせずその女の子の似顔絵なんかを描いたりする。

正直それくらいならまだ健全な方で二次元の女の子にしか萌えず現実の女性には関心が無かったりするのが現実だったりする(笑)

ダメだ、ダメ人間だ・・・

しかし、絵は上手くなる。

自分の描いた美少女はご機嫌など伺わなくてもいいし、どんなエロいポーズでもとってくれる。

ただそれには技術が必要である、変な絵では萌えられない。下手な絵で萌えられるのはかなりマニアックな方でそれはそれでかなりダメ人間なのだが・・・(笑)

アクションの作画が得意なアニメーターが実際のアクションが得意なわけは無くむしろ運動音痴であるほうが多い。

本当は暴れたいようなフラストレーションを絵にぶつけるからはじける、動きに切れが出る。

ダメなことをプラスに、これぞ絵描き、これぞアニメーターと私は思う。

しかし!ここからが肝心!!

ダメであっても良しとされるのは技術が高いから、高くなったからこそ許される事、絵が下手で技術の低いアニメーターは本物の「ダメ人間」だ。

絵が下手なのに挨拶も出来ない奴はダメだ

レイアウトもまともに取れない奴が時間を守らないのはダメダメだ

そんな低技術なのに制作ともめたりギャラに不満を言ったり仕事が少なくなって「何故だ?」とか言ったりするのは「ハイパーダメ人間」だ(笑)

昔、自分がまだ動画を始めて一年目だった頃、先輩の○岡さんがこういっていた、

「君の師匠は絵が下手な人を極悪人みたいな言い方をするが、絵が下手でも良い奴は良い奴なんだけどなあ」

そりゃそうだ、とそのときは思ったものだったが、程なくして生まれて始めての「打ち上げ」参加することになった。

そこで同席したとある作監の方に師匠はそんな人だと話をすると、

「それはそうだ、絵を描く商売なんだから絵の下手な奴は悪人だよ」

なんと、それがこの業界の総意なのかと打ちひしがれたものだった、たった二人の意見なのに(笑)

でもそれから18年った今すっかりその意見染まった自分がいる、

絵が下手で技術の低いアニメーターは本物の「ダメ人間」だ、

「憎むべきダメ人間」である。

憎憎しいのは精神衛生上良くないのでこのぐらいにしておく、

次は「愛すべきダメ人間」について語るとしよう。

---------------------------------------------

またHIT数がドカンと増えた、限られた身内にしかURLを教えていないのに何処から広まったのか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年2月 | トップページ | 2006年5月 »