« 腹立たしい記事 ~その3~ | トップページ | 「にう」さん&「匿名希望☆」さんのコメントにお答えします »

「にう」さんのコメントにお答えします

「にう」さんからコメントをいただきました、ありがとうございます。

アニメーター20年やってます。
アメリカにおいての日本アニメのDVDの売り上げが最近がた落ちしてるのは(確か前年比4割減)、この手のサイトが増えたせいだと聞きますが、日本でも同じことが起きるのでは?(起きているのでは?)
ウィニーの件もありますし。周りにもいますしね。。。

順にお答えします、

日本アニメのDVDの売り上げが最近がた落ちたのはこの手のサイトのせいだとは思いません。

なぜなら、以前音楽の方でこの手の違法行為があった際、実際マーケッティングをとったところがあったらしく、その結果によればネットを使って違法に音楽を集めている人たちの多くはは、

「元々CDを買わない人たち」

であったそうです。

ソフトを買い控えてネットで収集と言うケースは少数派であるということです。

情報の出所の信憑性が気になりますが、確かラジオで聞いた事項なのでネット上の風説よりは多少信用できると思います。

ゆえに売り上げが落ちた原因は単に「飽きられたから」だと思います。

自分の仕事が見たければ白箱でいいのでは?評価は周りの人間なり売り上げなり掲示板なりで。BROGで聞くなり。
YOU TUBEが広まったとしても評価が聞けるのか疑問です。

ネットに落ちていると言う事は白箱等を見るよりお手軽度が格段に高いです、

ブロードバンド環境にあることが大前提ですが最近はどこのスタジオも導入されているので安心です。

それに、たとえば友人に

「この間やったやつがいい出来でさぁ、是非見てよ」

と言ってもWOWOWであったりUHF局の深夜枠だったりすると

「俺んちじゃ見れないから」

と見てもらえません。

是非見てよと言うのは

「その人の評価がほしい」

と言うことに他なりません。

ソフトを手渡しして観てもらうのも押し付けがましいし・・・

ネット上だとメールに軽くURLを貼り付けておけばワンクリックで観れます。

私は「YOU TUBE」を動画(ムービー)の「立ち読み」だと思っています。

立ち読みされない(出来ない)本は売れませんよ。

それよりは企業タイアップのバンダイチャンネルなりUSENのテレビもあるわけですし、こちらを勧めては?こちらは当然違法ではないわけですし。

「YOU TUBE」に特定したのがまずかったと思います、にうさんの言われるようにバンダイチャンネルなりUSENのテレビが「YOU TUBE」的な方向性に(膨大な数、幅広いジャンル)シフトしてくれることを望んでいます。

確かにアニメーターとしてはメリット大きいですけどね。地方局の仕事とわかって取っている仕事なのでしょう?

それはその通りです、ですので最近はメジャーな作品をするよう心がけております。

見てほしいのもわかりますが、営業に支障をきたしかねないことを短絡的に勧めるべきではないと思います。わたしは現時点では「合法にするべきでない」と思います。DVDも売れなくなったらどうやって回収するのか。打開案がでるのかわかりませんがもうちょっと見守っていこうとは思ってますけど。

確かに『現時点では「合法にするべきでない」』というのは正論です。

とにかく法整備、各国の著作権に対するモラルの向上、が急がれるかと思います。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

「にう」さん、コメント本当にありがとうございます。

このようなやり取りがしたくてブログをはじめたので大変うれしいです。

これからも宜しくお願いいたします、

「炎上上等」ですので(笑)

|
|

« 腹立たしい記事 ~その3~ | トップページ | 「にう」さん&「匿名希望☆」さんのコメントにお答えします »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お返事ありがとうございます!私もこういったやり取りが出来てうれしいです。
また思うことがありましたので、コメントさせて頂きます。

<ソフトを買い控えてネットで収集と言うケースは少数派

これにはちょっと異論があります。音楽でも映像でも、違法行為でダウンロードする人々は確かに元々購買層ではないでしょう。
こちらはおおっぴろげに配信しているわけではなく、海外サイトや解凍ファイル等でパッチ化されてたりと、何かとアンダーグラウンドです。やり方についての情報を収集しなければなりません。
購買力があれば、わざわざそんなめんどくさいことはしないでしょう。
音楽業界はネット配信で、マーケティングが変化していますが、現在進行形で対応しているカンジですね。

一方、映像に関して問題なのは「YOU TUBE」はとても気軽にみれる一般に認知されている存在だということです。
立ち読みできない本は確かに売れないというのは、そうだと思います。が、雑誌は立ち読みOKで、コミック等はほとんどカバーがしてあり立ち読みできないようになっていますよね。出版業界(特に小説等の作家、団体)は古本業界を訴えつづけているとライターの知人に聞きました。

地方局であまり見てもらえないアニメは確かに売れないでしょう。そういった意味ではYOU TOBEは有効に感じます。
しかし、そういった効果で売れるのは、質の高い一部のモノになるでしょう。全話アップされてあるのを見た後で「よし買おう」となるのは、余り当てはまらないように感じます。オチがわかってしまったものに高い金を出すのか?→価格破壊?なんて図式もありです。
話題性で当たるのは一部でしょう。

駄作が淘汰されるのは別に構わないのです
。いずれ飽きられるでしょうし。
ただ、消費者側に立ちすぎなんじゃないかなと思うんですよ。知的財産権等を明確にしていかないと作家性のようなものは生まれにくくなっていくのではないでしょうか。


関わった作品はなるべく多くの人に見てもらいたいし、評価が聞きたいというのはとても分かります。我々には同業者の評価はとても為になりますからね。消費者の顔はなかなか見れませんし。
出来るなら映像配信のようなサービス(膨大な数、幅広いジャンル、無料でも可)にシフトしてくれることをわたしも望みます。

一方で、広告もCMをほとんどやっていない頭文字Dが5万枚以上毎回売れたり攻殻機動隊が売れたりと、一般層はあまりネットに左右されないというのも、確かに一理ありますね。


地上デジタルが始まれば、そこら辺の問題(放送権の問題とか)は解消するんでしょうかね。

うーん、、、アニメーター専用のサーバーでも設けて、共有したらどうでしょ。会員制にでもしたりして。なーんて。

またしてもまとまりのない分を長々とすみませんでした。

投稿: にう | 2006年9月14日 (木) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140395/11818957

この記事へのトラックバック一覧です: 「にう」さんのコメントにお答えします:

« 腹立たしい記事 ~その3~ | トップページ | 「にう」さん&「匿名希望☆」さんのコメントにお答えします »