« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

アクセス解析

もうぼちぼち通常のヒット数になったなーと思ったら又ちょっと増えたり…(笑)

ココログにはアクセス解析というのがあってヒット数が日にち別や月別と細かくチェック出来る機能があるのですが、ヒット数以外にもどこからリンクして来たのか滞在時間がどのぐらいかとかまでわかる大変便利な機能も付いています。

それらたどっていくと私のブログに対する意見がちらほら、中には辛辣なものもあり身の引き締まる思いです。

「『女の子のアップが少ないから作画が良くない』などと言い出す人がいるらしい」

このの件がかなりウケたようで(笑)

かつて我々のスタジオの代表だった山○○さん(ヒントは今劇場版○○ロ○○の監督をやっている)が飲み会で言っていたお話です。

「女の子の目のハイライトが少ないから作画が良くない」
だったかも知れません。(笑)

どちらにしろそんな事言う人達がいるらしいと嘆いていました。

今度詳しい話し聞いておきます。

それと「作画はタイミングだ」と「演技だ」おっしゃられる方が多かったですね、その件については後日ゆっくり語るとします。

**************************

葉琉さんからコメントをいただきました、ありがとうございます。

はじめまして!
わたしは、将来絵をかく仕事に就きたいと思っています。アニメーターのそこ一つなので、アニメーターについて知りたいと思いました。
わたしは、アニメーターについて詳しい事はよく知らないので、具体的に教えてください!
どんな感じの仕事なのか、良いところなど・・・
アニメータ-について教えてください!
お願いします!!

どんな感じの仕事かは神村幸子さんのホームページが大変参考になります、

http://www5e.biglobe.ne.jp/~yaneura/animater01.htm

ここで書かれていることは一般論としてはほぼ完ぺきです。

でも、私の意見はそれとちょっと異なるのでそれもまた後日書かせていただきます。

あと、アニメーターという職業の良いところですか…個人的な事で言わせてもらえれば

「結果がよければ過程はあまり問われない」

平たく言えば

「いい加減な生活態度でも良いものが上がればチャラ」

ですかね(笑)あっ、でもこれは制作会社によって異なるかも・・・

少なくとも自分が今付き合っている会社(スタジオ)はそんな感じです。

**************************

ピッポさんからコメントをいただきました、ありがとうございます。

作画が良い悪い……本当に曖昧でしょうか? かなりハッキリした違いだと思いますけど。映像を観れば一目瞭然じゃないですか? もし、画像を観てもその良し悪しが分からないのであれば、質問者の質問こそ無意味だと言わざるを得ません。要は、評価の基準なんてそのにとってそれがどのくらい価値があるかに準拠しているわけですから。自分がどう感じたのかが自分で分からない人は、百万五費やしてもなにも得るものがないと言えるでしょう。オタクになるにも才能が必要だということですね(笑)

そうですね、オタクになる才能というのもあるでしょうね・・・

しかし一目瞭然なのは「まともな作画」か「作画崩壊」かであり後者は語るに値しません。

SEGAUSAさんは「まともな作画」の中での「良し悪し」を言っているのだと思います。

**************************

コメント自体はあまり増えなかったけどアクセスをたどっていくうちに結構波紋を呼んでいたことが分かり本望です(^^)

アニメ評論家の○川さんまで読んでくれたなんて!

でもこれを読んでいる皆さん、同じ書き込むならこちらにお願いしたいですぅ・・・

あとミクシィで話題にしてくださった方々、ミクシィ上で話し合いましょう。(ニックネーム『のりりん』で検索すれば分かると思います)

マイミク追加の際「ブログ観ました」と書いていただければ承認いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

祭り!?

普段50人ぐらいしかいない村に1500人も人がやってきたらそれはもう「祭り」でしょう(笑)

TOSHI さんからコメントをいただきました

はじめまして。ちょっと気になったのですが、挙げられた3要素はあくまで「作画がていねい」であって、「作画がよい」とは違うのではないでしょうか? 「本質はそれほど変わっていない」とお書きになっているので、もちろんおわかりのことだとは思うのですが、僕の思う「作画がよい」とはずいぶん異なるのでちょっと驚きました。

僕が思う「作画がよい」とは、「いきいきと動かせる」「ハッとするタイミングがある」「しっかり立体をとらえている」なのですが……。

「作画が丁寧」について書いたつもりは全く無いんですが・・・

「結局結論は~」から下がメインなのでそちらを参照してください。

**************************

「作画が丁寧」で思い出したのですが自分はその逆に位置する絵描きでして・・・(笑)

高校の頃作っていた自主制作アニメで後輩に動画を描かせていたのですが

「先輩!もっと丁寧に書いてください!」と言われること頻り(笑)

プロになってからもラフ原(第一原画)を描きなれないうちは「ラフすぎます」とリテークを食らう始末(笑)

今はもう大丈夫、丁寧に描いてます・・・って書こうと思ったら思い出しました、

去年の忘年会での事、今やっている作品「牙」の総作監 吉田大輔 くんから

「助かってますよ~」と言われ「そんなわけ無いでしょう」と謙遜すると

「ホント助かってますよ、うちのスタジオみんなは考えすぎて描きすぎちゃって、その割りに結果が良くない。元さんが描いた一原はざっくり描いて原画枚数も少ないのに栄えて見える。」

栄えて・・・褒められてる?そうかも・・・でもその前に言われた「ざっくり」と「枚数少ない」が頭の中で繰り返しぐるぐる・・・嬉しいんだけど(笑)

「だからうちのスタジオみんなは元さんの一原コピーとりまくってるんですよ~♪」

うれしい・・・でも、「ざっくり」と「枚数少ない」が頭の中で繰り返しぐるぐる・・・「ざっくり」「枚数少ない」ぐるぐる。

**************************

嬉しいと言えば昨日一日だけで1500件Hitですよ♪

でもそれぐらい眞鍋かをりとかしょこたんとかと比べたら全然まだまだだし

コメントが増えてるわけでもないし・・・

もしかしてこれから増える・・・?

いや、増えてもお答えしきれないし(^_^;)お手柔らかにお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

SAEGUSAさんの質問にお答えします。

SAEGUSAさんの質問にお答えします。

はじめまして。お尋ねいたします。

アニメを観てる人達の間では頻繁に耳にする、「作画が良い」「作画が悪い」という言葉。

私にはこの言葉がどうしても理解できません。あまりにも抽象的すぎるのです。

具体的に何がどう悪いのか、逆に何で良いのかが全くもって不明瞭なのです。

作画というものに、何か明確な基準みたいなのはないのでしょうか?

作画が良い悪いの判断基準はおっしゃる通りかなりあいまいです。

一般生活に置き換えてみれば好みの異性の判断基準に似ていると言えるでしょう。

容姿が良いと評判の異性が自分にはどうも良く感じられなかったり、

その逆に他人の評判は悪いのに自分はぐっと来るとか「良い」の判断基準は人によってまちまちです。

それでも「最大公約数」的な物はあります。

可愛い女性の判断基準が「目が大きい」とか「輪郭がすっきりしている」とかあるように、

アニメの作画を語る際の「最大公約数」はまず、

「作画枚数が多い」という事です。

これはイラストや漫画にはないアニメならではの判断基準です。

一般の方々には「作画枚数が多い」と言ってもよくわからないかと思いますが簡単にいえば「滑らかに動く」という事です。

実は枚数をかけなくても滑らかに動いて見えるテクニックがあるのですがそれは女性の化粧のような物です。

次に、これは作品の傾向によって一概に言える事ではないのですが

「描き込みが多い」という事、

物理的に線が多かったり影やハイライトが多く、かつそれらが立体を的確に表現していたりです。

普段必要最小限の影やハイライトしか着かない「NARUTO」のような作品に普段より多めの影やハイライトが付いていると「作画が良くなった」と判断するする人が多いような気がします。

繰り返しになりますがあくまでそれらは女性の化粧のような物で本質はそれほど変わっていないという事をお忘れなく。

女性の化粧を悪い事のように書いていると思われた方もいるかと思いますが「化粧の濃い女性が大好き」という需要があるという事もあります。

そして最後にもう一つ、

「レイアウトがとれている」と言うことです。

これは素人目には分かりづらいのですが見た目に画面のバランスが良かったり、気持ちの良い空間を感じたらそれは「レイアウトがとれている」と言うことです。

上記であげた二点をはずしていても「レイアウトがとれている」と作画が良かったとういう印象を得たりします。

しかし「レイアウトが『完璧に』とれている」ジブリ作品をみて「女の子のアップが少ないから作画が良くない」などと言い出す人がいるらしいのでこれすらも全員に適応が効く「最大公約数」ではないようです。

結局結論は「個人的な好み」といわざるおえないでしょう。

ですので視聴者であるSAEGUSAさんの好きな作品がSAEGUSAさんにとって「作画が良い」作品であり、もし他人がその作品をみて「作画が悪い」などと言っても一切気にする必要はありません。

しかし、私達造る側の人間は切磋琢磨して現在自分が持っているよりも一ランク上を毎回目指すべきだとは思います。

珍しく長文になってしまいました、観やすく簡潔にを心がけていたのですけどね・・・。

が、これからもブログに対する質問、御意見おまちしておりま~す(^^)/

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

赤根さんの質問にお答えいたします

コメントありがとうございます。

赤根さんの質問にお答えいたします。

はじめまして。
少し前にこちらを知り、以来興味深く拝読しております。
お言葉に甘えて、一つ質問させて下さい。

先日、下記のブログ記事で、アニメのEDクレジットに記載されているスタッフには、実際のスタッフとは異なるものもあるということを知りました。
ttp://d.hatena.ne.jp/takeshito/20070112#p1

この記事では、基本的に、クレジットをタイトル会社に発注しなければならなかった時代のこととして話をされているのですが、現代のアニメでも同じようにEDクレジットが実際のスタッフをきちんと反映していないということはあるものなのでしょうか?
私自身、アニメで印象的な作画や演出を見たときにEDクレジットをチェックしてみることはよくありますので、正しくないクレジットが流れることは現在でもあるものなのか、あるとすればどのくらいの頻度であることなのかというのは、とても気になることです。
よろしければ、その点について教えていただければと思います。

確かに昔のテロップはいい加減だった様です、原画と動画は一緒くたでしたからね。

そしてよくあったのが原画担当者が二.三人しかテロップされてないけど実は弟子が第二原画みたい事をしていたというやつです。

仕事としてはそこそこやってはいてもテロップに名前が出てやっと「一人前になった」と感じた人もいるようです。

しかし現在はかなり完璧ににスタッフを載せています。

先程の第二原画担当者も網羅しますし海外の方々も分かる限り載せています。

その作品(話数)に関わったのに名前が載らないのは単なるミスかその担当者が「載せないでくれ」と申し出た場合のみだと思われます。

よくあるケースは「その仕事に納得がいかない」という場合と「拘束されていて他の作品をやっている事は内緒にしたい」という場合です。

昨今は後者が多いと思われます。

質問に対する答えはここまででここからは私の意見なのですが、放送がデジタル化されている今、デジタル情報の出ている欄に現在放送されているシーン、カットの原動画担当者が表示されるようになれば良いと思います。

技術的には可能なはずですが管理や手間は大変になるのでおいそれと導入は出来ないと思いますが、自分の提唱するマネージメントシステムを構築するにはあってほしい情報です。

本当に皆さんありがとうございます、コメントがつくと更新に張り合いが出ますね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

「名無し」さんのコメントにお答えします ~

お名前の記入が無かったので「名無し」さんと呼ばせていただきます。

同じような内容の微妙に違う二通がありましたが一通目は下書きであろうと判断して二通目のほうのお答えをします。

まもなく25歳になる女性で、6~7年前からゲーム系(恋愛)二次創作同人活動を行っており、ときおり通販・コミケなどにアンソロ本を出したりしていますが、素人目には絵が凄く上手でもストーリーが抜群でもありませんし、特別売れている様子もありません。

本人はこの春から銀座に本社がある某出版広告企業に就職し、Webコンテンツの企画・制作を担当するそうですが、その後もこのような活動を続け画力を付けて、将来は30歳ぐらいで独立したいと申していました。

以前本人に、そんなんで飯食っていけるのかと聞いたところ、修羅場前は睡眠時間も不規則で少ないし肩も腕もすごく凝るしご飯もろくろく食べられないけど一発当てればでかいから、と言っていました。

本人は昨年まで地方在住でしたが新年から東京に転居し、現在は就職時までデザイナーだかイラストレーターだかのアシスタントをしているということです。

本人は自分では創作活動を全面に立ってやるよりは、そのような人のチーフアシスタントをしたいと言っており、ロジスティック活動をしたいようです。

お伺いしますが、こんなんで生活できるのでしょうか?

「名無し」さんのコメントは「アニメ」にも「アニメーター」にも関係のない話でしたがアニメータにも ” ありがち ” な事項だったので今回は特別にお答えしちゃいます。

まず、同人誌を侮ってはいけません、(参考文献

人気のサークルはん千万ぐらい売上を上げると聞きますし、実際私の友達が人気のサークルのお手伝いをした時持たされたスポーツバッグが異常に重いので何が入っているのか見てみると、びっしりお金が詰まっていたという話を聞いた事があります

そして、反社会的でいれば月々三万円でも「生きて」はいけます。

しかし「生活する」というレベルだとすると五万円ぐらいは必要でしょうか…えっ?信じられない?銭金とか言う番組はそんな生活を取り上げているでしょう?

未だに都心でも風呂無しトイレ共同なら二万円台のアパートはありますし年金や健康保険は老後やいいざと言うときどうなっても良いというのであれば払う必要はありません。

食べ物も昨今のデフレで自分らが若い頃よりも格段に良い物が安く食べられます。

結論を言ってしまえば「マイナーな同人誌のアシスタントでも生活できる」

です(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ニーズ

沢山の人に読んでもらえるようになって気になるのが「ニーズ」です。

独りよがりなことを書こうと思うといくらでも出てきて絞れません、

ですがアニメーターについての「こんなことが知りたい」とかがあればコメントで書き込んでください。

出来る限りお答えします。

秘蔵のネタも出てくるかも(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

謎は解けました

コメントくださった方々ありがとうございました。

リンク先から飛んできてそして「サイト内」にリンクするからHit数が増えるみたいです。

一時的なことかもしれませんが沢山の人に見てもらえるほうが張り合いがありますね、

一度見てくださった方々がもう一度見たくなるようなブログに出来たらいいなと思いました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

アクセス数が・・・

A ドカンと増えました・・・何故・・・?(^_^;)

以前にもあったことなのですが今回の数はちょっと多すぎで・・・

アクセス解析を見ても「サイト内」というのが一番なので、どこからかリンクしてきたわけでもなさそうで・・・謎です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007年あけましておめでとうございます

気付けばHit数10000越え、ありがたい事です。

今年はもう少しまめに更新したいと思います(^_^;)

mixi始めました。このブログは仕事メインなのでmixiは私生活メインの内容にするつもりです。

どうぞよろしくm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »