« アクセス解析 | トップページ | 私『好み』の作画について ~その1~ »

このブログのアイデンティティ ~総集編みたいなやつ(笑)~

バナー ↓ 作りました

My_2

リンクしてくれる方募集中です(^^)/

もちろんリンクフリーですが相互にしていただけるとうれしいです。

リンクしていただける方々の主観で紹介文をつけていただければよいと思いますが、

思い浮かばなかったら無理しないで空欄にしておいてください。

しかし、そもそもこのブログはいったい何が言いたいのか?それが分からないと紹介文もかけないですね(笑)

では、初心に立ち返りこのブログを立ち上げた動機に話題を移します。

まず、「世間で騒がれているほどアニメーター(アニメーション関係者)は貧していない」ということと「アニメーターをマネージメントすることにより得られるメリット」そして最終的にはそれらのことを認識した若い世代が「アニメーターを目指す」ようになると望ましいということです。

ブログのサブタイトル「迷ったらやってみりゃいい」はアニメーターになろうかどうしようか迷っている若者たちに向けたメッセージです。

ですから第二回目のタイトルがいきなり「アニメーターはもうかる」でセンセーショナルデビュー!と思ったのですが誰にブログ開設を教えるでもなく始めたのでどこからも反響がなく寂しい思いをしました(笑)

で、本当に儲かるのか?

正直「人並みにやっていける」だけで「儲かる」は言い過ぎました。

しかし「もうかるには訳がある ~その1~」「もうかるには訳がある ~その2~」「もうかるには訳がある ~その3~」で書かれていることは中沢氏の件が噂話でそれ以外はほぼ事実です。

そして最初に人目に触れ始めた記事「腹立たしい記事」でひとつの結論に達しています。

「新人のギヤラが安いのは役者やお笑い芸人も同じはず、では何が違うのか?

頂点、トップに立つ者が違う のである。」

そして、

「結論から言って、今急がれるのは新人のギャラアップではなくスターアニメーターのギャラアップなのである。」

ということです。

ではどういう形をとればギャラアップするのか考えたのが「アニメーターマネージメントシステム」です。

アニメーターをマネージメントする ~その1~」「アニメーターをマネージメントする ~その2~」「アニメーターをマネージメントする ~その3~」で語られたこと以外で補足があります、

そのマネージャーはどういった人材が適しているのか?

まずは制作(プロデューサー、デスク、進行)ですが本文中にもあったようにアニメーター本人が兼任または専任というのも良いでしょう。

そして最近おもいついたのが「作画通」の皆さんです(ここはあえて『オタク』という言葉は避けさせていただきます)。

私ごときでも年収300万円のサラリーマン並みの稼ぎがあります、ならば神作画と誉れの高い「神アニメーター」は私の10倍、いや20倍はもらうべきです。

ここで作画通のみなさん、憤りはありませんか?どこぞの名も知れぬアニメーターがそれだけもらっているのに、確実に日本のアニメ史に大きな足跡を残せる人たちが良くてそれの3倍ぐらいしかもらっていないのですよ。

確かにダメアニメーターも多いです、しかしそれは

「どんなにがんばっても、知名度が上がっても、年収1億なんかになりっこない」

という気持ちがダメにさせているのではないでしょうか?

これ以上書くと「補足」以上の物になってしまうので(笑)また次の機会に掘り下げるとします。

最近このブログにこられた方々、以上がこのブログの方向性です、かなり脱線、寄り道が多いですがそれらも一つの味付けになっていますので(^_^;)これからも宜しくお願いいたします。

次回予告!「私『好み』の作画について ~その1~」

お楽しみに!

|
|

« アクセス解析 | トップページ | 私『好み』の作画について ~その1~ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140395/13734216

この記事へのトラックバック一覧です: このブログのアイデンティティ ~総集編みたいなやつ(笑)~:

« アクセス解析 | トップページ | 私『好み』の作画について ~その1~ »