« 私と「スタジオ」の思い出 | トップページ | 「アニメーションスタジオ あさどや」について »

本当でしょうか & コメント感謝

http://www6.ocn.ne.jp/~pancake/ani01.html

こんな悲惨な状態が本当なら業界内でも話題騒然になるはずなのに初めて聞いたし、ブログ等の他から書き込みができるページではない所をみると「ガセ」確率は高いと思いますが、本当なら今すぐ告発すべきです、20代以下が4人も死んでいるのは尋常じゃありません。

**************************

GL さん からコメントいただきました。

読み応えのある記事でした。

さっそく「お気に入り」登録させて頂きました。

また、遊びに来ます。

ありがとうございます、「読み応えがある」なんて非常にうれしいです(^^)

**************************

kamimura さん からコメントいただきました。

 ときどきうかがって、楽しく拝読いたしております。

>私のような面倒くさがりにはそれが嫌です、ええ嫌ですとも(笑)

 この部分に吹き出しました。とてもとても同感です。
 わたしは努力と勉強がとてもキライです。苦手と言ってもよいです。これがナチュラルにできる人は、「努力できる」という才能があるんだと思います。

そうですね、「努力できる」才能もそうですし「努力を努力と思わない」のも才能なんだと思います。

**************************

toarusheisakuさん からコメントいただきました。

月一くらいで見ています。
最低保証がどうかというはなしですが、もしフリーならまだしも新人アニメーターという事は会社に在籍しているはずです。
会社に所属する人間としては、正社員か契約社員かいう違いはあるにしても、毎月一定の給料がないと社員契約にならない訳で、完全出来高では社員契約できないですから、最低保証という物は都合上必要な物ではないかと思われます。
ウチの会社にも最低保証はありますが、先輩社員は「手の遅いけど巧い奴、伸びる奴を守る意 味で必要」といっていました。
もちろん弊害は出ていますけど

多くのスタジオは金銭的な余裕がないのでその弊害はやっぱり気になります、新人を守らなければならないと思いますが、頑張っていて伸びる可能性の高い新人を守ろうとは思いますが、美少女キャラの顔のアップの原画トレスを20時間かけて一枚描き「俺ものすごく努力している」と思っている新人を守るのは如何なものかと・・・。

新人育成については後日じっくり書かせていただきます。

**************************

びっぐべんさん からコメントいただきました。

僕は業界の人間ではないので細かいところは分かりませんが、アニメアールなんかは有力な作画スタジオじゃないでしょうか。
後一応他にもゲーム制作や、最近は制作部門(制作デスク・進行と言う意味での)、撮影部門も置く様になりましたがマネジメントに近いことをやっているという点ではガイナックスも当てはまるかと。

フリースタジオについては、渡部圭介氏・大塚健氏などが属するスタジオへらくれすという所はコミックマーケットで原画集を売って、そのお金でスタジオ経営しているそうです。

アニメアールは関西の雄ですよね、多くの凄腕アニメーターを輩出したスタジオです。吉田徹さんは今でもアール所属なんでしたっけ?

ガイナックスがマネージメントに近いこともやっていたとは知りませんでした。

「スタジオへらくれす」の渡部圭祐くんは同じ「スタジオZ5」出身の後輩です(笑)人のことを褒めない師匠が「天才」と認めたスーパーアニメーターです、たまには俺の仕事もしてよ>渡部くん(笑)

大塚健さんは「はじめの一歩 間柴vs木村 死刑執行」でご一緒させていただきました。レイアウト返しが遅れたのでカットに「スミマセン」と書いたら「大丈夫です」と返してくれた大変良い人で優秀なアニメーターです。

「スタジオへらくれす」が同人誌を作っている事は知っていましたがその収益をスタジオの運営費に充てているとは知りませんでした。

彼らの同人誌ならスタジオ運営費を大幅に超える収益があるでしょうね。

**************************

普通コメント返しといえば管理人もコメント欄に書くのが定番のようですが、それだとコメントを見るためには「ワンクリック(一手間)」しなければならないのでどうかと思い今回のような本文中に織り交ぜる形をとらせていただいています。

コメント欄に返した方がいいのでしょうか?

お答えいただけたら試しにコメント欄に返信を書きます。

ではでは

|
|

« 私と「スタジオ」の思い出 | トップページ | 「アニメーションスタジオ あさどや」について »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私はこの業界の最大の問題点は経営の素人が安易に会社を作ってしまった点にあると思います。昔「社員を安い給料で働かせ、ピンはねした金を社長が使い込んでいたことが問題になったことがある」という話を聞いた事があります。また近年女性アニメーターが増えているというデータがありますが、理由の一つに「30代の権力者による囲い込み」があると思います。カワイイ女の子がアッという間に動画から原画に、制作から演出や脚本家になってしまう反面、動画で何年もこき使われ、使い捨てにされる男たちがいるのが現実だと思います。しかし囲われている女性がその先輩からのプロポーズを断ったとたん攻撃の的にされるというのもよく聞く話です。素人が会社を作ってしまったためイジメやパワハラ、セクハラが平気で横行していて、新人が安心して仕事ができない環境になってしまっています。絵を描く能力と会社を運営する能力はまったく別物だと思います。会社を作る人がきちんと経営の勉強をした人たちだったら今とはまったく違う状態になっていたかもしれません。何か会社を作る動機が「社長になれば会社の金は自分のもの、会社の女性は自分の女」と勘違いしていたのかなと思ってしまいます。よく「始めから育てる気はない」とか「新人が望んで入ってきている」という言葉を聞きますが、社長は社員の人生に責任を持つのが当たり前ですし、それができない無責任な人間に会社を作らせてはいけなかったと思います。のりりんさんの提唱するマネージメントシステムはそれらの問題を解決できる可能性があると思います。勝手ながらそういった問題を解決してほしいと切に願います。長々とすいません。

投稿: ぷちアニ | 2007年4月18日 (水) 04時04分

スタジオZ5、高校生の頃面接に伺わせていただいた事があります。
亀垣さんは帰省中で不在で、本橋さんに
絵を見ていただいて、20分近くお説教を
貰った事を思い出しました。
帰り際、「本当にやりたかったら、卒業してからすぐに来い、教えてやるよ。」と言われ、当時は本気に受け取っていました。

あ、本文とは関係ないコメントですみません。

投稿: ま-るす | 2007年4月19日 (木) 01時18分

>ぷちアニさん

コメントありがとうございます、

>イジメやパワハラ、セクハラが平気で横行していて

自分の周りではそういった類の話はあまり聞かないので新鮮でした。

>のりりんさんの提唱するマネージメントシステムはそれらの問題を解決できる可能性があると思います。勝手ながらそういった問題を解決してほしいと切に願います。

あ、ここでは「ふくだ」でいいですよ(笑)
私もいち早く「マネージメントシステム」を確立したいとは思っていますが、まず何をすべきかでつまずいています。現在の仕事をなげうって行動をするわけにもいかないし、片手間では時間が足りません。
都合よく誰かが出資してくれるわけでもないから、草の根運動としてブログを始めたんです。もっと反対意見を聞いて鉄壁の理論武装をして本番に挑もうと思いますが反対意見って少ないですね(笑)

**************************

>ま-るすさん

コメントありがとうございます、

>帰り際、「本当にやりたかったら、卒業してからすぐに来い、教えてやるよ。」と言われ、当時は本気に受け取っていました。

本気に受け取ったのはま-るすさんだけじゃありません、私もです(笑)
お説教20分ですんでよかったじゃないですか、師匠は説教大好きで一日一食しか食えない動画マンに3時間も説教するもんだから貧血で倒れた事があります、マジで(笑)

Z5は新人にとって熱湯風呂みたいなところでしたから最近の新人を見るとぬるま湯を通り越した冷や水に浸かっているようで「寒くない?」って聞きたくなりますよ(笑)

>あ、本文とは関係ないコメントですみません。

いえいえ、どんなコメントでも書いていただければ嬉しいです(^^♪

人生相談でもスピチュアルカウンセリングでも何でもこいです!(笑)

投稿: ふくだ | 2007年4月19日 (木) 02時15分

ども、お疲れ様です。
20代以下が4人死んでるの記述は、びっくりですね。
死ぬ前に辞めろよ、、、、、と思いました。
本橋さんは3時間説教してあの仕事量というのが信じられません。ヤバスギます。
面白いコラム毎度楽しみにしています。(^ ^)

投稿: おじいたん | 2007年4月27日 (金) 09時24分

>おじいたんさん

書き込みありがとう、この記事信憑性からして?なので気にすることないっスよ。
師匠は説教しながら作画し続けるんです。怒りパワーMAXで超必殺作画を繰り出す侍スピリッツみたいな人です(笑)
ある意味師匠のストレス解消になっていたのかなと(笑)それはそれでお役に立てて光栄と言うことで(笑)

投稿: ふくだ | 2007年4月30日 (月) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140395/14665016

この記事へのトラックバック一覧です: 本当でしょうか & コメント感謝:

» 渡部圭祐/渡部圭祐 [なるほどキーワード]
渡部圭祐について悩みを解決するには、まずは渡部圭祐についての正しい知識が必要です。そこで、渡部圭祐についての情報を集めました! 渡部圭祐について調べて、渡部圭祐に関する悩みを解決しちゃいましょう! 渡部圭祐 関連のアイテム 覚悟のススメ5481 円 星...... [続きを読む]

受信: 2007年4月24日 (火) 07時40分

« 私と「スタジオ」の思い出 | トップページ | 「アニメーションスタジオ あさどや」について »