« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

コメントにお答えします。

コメントありがとうございます。

1~5まで設けましたが見事に割れています(笑)

もう1.2通でもコメントが増えたことに対して次回は書こうと思いますが今回はそれ以前に来たコメントにお答えします。

**************************

鹿さんからコメントいただきました、ありがとうございました。

はじめまして こんにちは。
アニメーターを目指している者です。
遅ればせながら今日初めて本当に色々なことを知りました。
色んなことを考えたし、すごく感動しました。

勝つまで負けない

私も頑張りたいと思います。

これから夢に向かう上で心強い存在を知れて、本当に良かったです。
これからもお体を大切に頑張って下さい。
応援してます。

応援ありがとうございます、とても照れくさいですが嬉しいです。

まだまだこれからが大変なのですが、ある意味自分の絵描き人生を投げ出してでも日本のアニメーター地位の向上の為に尽力する所存です。

**************************

宇里さんからコメントいただきました、ありがとうございました。

ふくださんのお話、いつも興味深く拝見させて頂いております。
相互リンクして頂いている宇里という者です。お世話になっております。

福利厚生・固定給の話ですが、
J.C.スタッフさんはそれに当てはまると聞きました。ただし「原画マンになってから」という条件付ですが。
安定した生活があってこそ質のよい作品が制作できるという考えの元、そのようにされているそうです。

J.C.スタッフさんが福利厚生有り、固定給とは知りませんでした、その点を前面に押し出して募集をかければいい人材が集まると思います。
宇里さんはPOTCLUBの宇里さんかな?JAniCA、ともどもこのブログも何卒よろしくお願いいたします。

**************************

画好きさんからコメントいただきました、ありがとうございました。

お久しぶりにカキコませていただきます。
年収1000、2000万が儲かっているうちに入らないですって!
う〜、なんか私には夢の話しですが、、、。
やっぱアニメ−タ−目指そうかなぁ、、、ホント、、、。

ボヤキみたいなカキコですいません。

私もそうですし周りを見ても上流感全くないですよ(笑)いやマジで。

二千万を超えたあたりから還付金が小額もしくは貰えなくなるのだろうと思います。

三千万を超えると逆に所得税を源泉以上に払わなくてはいけなくなるのでしょう。

以上推測ですが、「取られるようになってから」が「儲かる」といえるのではないかと思うようになりました。

あっ、正しい情報をお持ちの方コメントで突っ込みよろしくお願いいたします。

**************************

ふでぺんさんからコメントいただきました、ありがとうございました。

はじめまして。業界の事を検索するとアニメーターがほぼメインの話が多いと思いますが、背景美術の単価も気になります。美術監督の料金と、背景一枚の単価っていくらなんでしょうか?やはりこれもアニメーターと同じく、1カットの単価は、ベテランと新人も変わらないのでしょうか?

詳しくは知らないのですがベテランも新人も単価は多分変わらないのだと思います。

ただ簡単な仕事を新人に任す際動画よりも美術さんのほうが有利だと思われます。

それは動画一枚と背景一枚では10倍以上の差があるからです。

あっ、この件についても正しい情報をお持ちの方コメントで突っ込みよろしくお願いいたします。

**************************

Rさんからコメントいただきました、ありがとうございました。

はじめまして、アニメーター関係の検索をしていてここにたどり着きました。
他のアニメーター、関係の方のブログにも書き込みをさせていただいたりしたのですが
皆さん「才能」を重視していらっしゃるようなのですが「アニメーターに必要な才能」とは何でしょうか?是非教えて下さい。

そのことについては「画力」とか「演技力」は語りつくされていると思いますので、私に備わっていて有益だった才能は「負けず嫌い」ということでしょうか。

「負けず嫌い」を具体的に言うと「あいつは食えないから辞めたんだ」とか「辛いから辞めたんでしょ」とか言われるのが死ぬほど嫌で、そう言われた事を想像するだけでモチベーションが上がったのです。

ある意味、意地悪な友人や厳しい先輩のおかげです。ありがたい事です。

ただ今はもうそれ系でモチベーションが上がらなくなってしまいました、その代替案を求めて取った策が裏目に出て来年の年収は半分ぐらいになりそうです。(涙)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

誤解が多いような気がします。

ご挨拶が遅れましたが「JAniCA説明会」に参加していただいた方々、本当にありがとうございます。

「私の収入」が大盛況だったのは以外でもあり嬉しくもあり(^_^;)

おかげさまでJAniCAブログの書き込みが増えてご意見をダイレクトに感じています。

しかしやはりJAniCAへの誤解はまだまだ拭えていないのも実感します。

先ず大前提で知って頂きたいのはJAniCAには資金が全くありません、お恥ずかしい話ではありますが運営資金のほとんどが芦田代表のポケットマネーです。

事務所もありません、「設立準備室」というのもスタジオライブに郵便受けがあるだけでスペースらしいスペースはありません。

それはあんまりなので運営委員のごく数名ぐらいからは会費をという意見もありますが実行に至っていません。

運営委員といっても一般会員のみなさんとおなじように出来高もしくは作品拘束(もしくは半拘束)のアニメーター・演出なのです。

会員数もどうにか500人になったようですが最近の調べでは業界内に4500人以上、5000人はいるらしいというアニメーター・演出の一割です。

これでは圧力をかけるべき相手に圧力をかけられず、下手に動くことによって逆に圧力をかけられるのではないかと疑心暗鬼になっているのが現状です。

個人や会社に不正があったという報告を受けてもお役所や警察のような「裁きを下す」的なことは全く持って無理難題なのです。

JAniCAブログのコメントでTAMさんが上手いこと言ってくれています

「JAniCAはアニメーターや演出の生活改善のために働いてくれる第三者の作った力の強い慈善組合」

そう誤解をされてる方が多いのではないでしょうか?
公式サイトのQ&Aに目を通された方は分かると思うのですが、どちらかというと

「JAniCAはアニメーターや演出自身のボランティア運営の互助会」

ですね。

まさに言いえて妙、ありがとうございます。

私はJAniCAに参加して本格的に活動し始めたのが去年の秋を過ぎた頃のもあり収入に差し支えることはなかったのですが、それ以前から活動していたメンバーの中には年収が半分になった者もいます。

多分このままいくと私も半分とまでは言わなくても3分の2ぐらいになる可能性大です。そうはならないようにうまく立ち回るつもりではいますが…。

「ダメだ、こんな協会、入会はおろか支持なんか出来たものじゃない」

こう思われた方々も多いでしょう。

しかし地味ながら結果というか各方面動きが出ています、経済産業省、コピライト(業界向け著作権専門誌)、草加JC、公正取引委員会、e.t.c、これら全て私たちから呼びかけて来てくれたのではなく、相手側から詳しい話を聞かせて欲しいとやってきたのです。

会員向けにこのようなメールが送られています。

読売新聞web

http://clip.nifty.com/entry/891c542fc3a5776f40c622b363970a5fbaabd1c4/245953

読売新聞に載った記事です。放送局が優越的地位を利用して、不公正な取引を下請けに強要してないか、公正取引委員会が調査に乗り出した模様です。 実はJAniCAでも、昨年暮れに公取委の方と面談し、芦田代表と発起人の奥田誠治、ふくだのりゆき、事務方の新藤歩、太田宏一朗及びスタジオ4℃の田中栄子社長がアニメ業界の実態についての調査に協力しています。 そんなわけでこのニュース、続報を見守りたいと思います。

 私が公正取引委員会の調査に興味を持ったのは不公正な現場を取り締まることが出来ないのかの可能性を探ろうと思ったからです。

しかしお話を聞いているうちに気づいたのですが公正取引委員会はグローバルな立ち位置で取引を監視しているのだということ、大きな括りの中の末端であれば改善の恩恵が受けられる可能性がありますが、末端同士のいざこざまでは介入しないのだなと理解しました。
間違っているようでしたらコメント下さい。

そしてここからは有益な情報、公正取引委員会が得意とするのは「優位的地位の乱用防止」だそうなのです。

「アニメ自体利益が上がらないのだからテレビ局は新作アニメを作るのをやめればいい」という意見をネット上で見かけましたが、もしそのような理由でアニメーション業界が追い込まれるようなことがあっても公正取引委員会が許さないということです。

知っている方々も多いかと思いますがTV制作全般がアニメ業界のような扱われ方なのです。

やはり優位にいるのは製作側と言わざる終えません。

たとえばアニメーター・演出が単価仕事で自転車操業なのと同じように制作会社も一話いくらで納品後入金という単価仕事なのです。

局、代理店はたとえトータル予算が同じでも番組開始前に「準備費」を用意するべきなのです。

たとえばキャラクターデザイン料、一話につき38,000円とあんまりな額な上に納品しないとその額は制作会社に振り込まれないというこの現実。

これでは有能なキャラデザイナーに専念してもらったり新鋭デザイナ-ーを育てながら使おうなど出来るはずがありません。

これらが改善に向けて動き出したのは喜ばしいことですが改善=今すぐ良くなるわけではないことをご了承ください。

長い目で見守っていただければ幸いです。

**************************

話は変わって、去年末ぐらいにEMONEという端末を買い行き帰りの通勤時間に長文が書けるようになりました、ですので実は結構ブログを書き溜めてありどういう順で発表しようか迷っています。

以下の中から皆様が興味あるので掲載して欲しいと要望が強いものの順にアップロードしようと思いますので「○番について知りたい」と書いたコメントを頂ければそれにお応えします。

  1. アニメーションの学校について。
  2. 搾取の構造について。
  3. アニメーターにまつわる裏話。
  4. JAniCAの近況。
  5. その他。

その他はお好きな内容をお書きください。
自分のブログを読み返して思うのは「一回が長い!! こんなに長いのなら二三回に分けて更新をマメにすれば良いんじゃないか?」と思いましたので(笑)そうすることにします。
書き溜めたものは短いもの長いもの色々あるので短いものを基準に子だしにしていこうと思います。

あっ、でも次回はコメントにお答えしようかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »