« JAniCA説明会締め切り | トップページ | コメントにお答えします。 »

誤解が多いような気がします。

ご挨拶が遅れましたが「JAniCA説明会」に参加していただいた方々、本当にありがとうございます。

「私の収入」が大盛況だったのは以外でもあり嬉しくもあり(^_^;)

おかげさまでJAniCAブログの書き込みが増えてご意見をダイレクトに感じています。

しかしやはりJAniCAへの誤解はまだまだ拭えていないのも実感します。

先ず大前提で知って頂きたいのはJAniCAには資金が全くありません、お恥ずかしい話ではありますが運営資金のほとんどが芦田代表のポケットマネーです。

事務所もありません、「設立準備室」というのもスタジオライブに郵便受けがあるだけでスペースらしいスペースはありません。

それはあんまりなので運営委員のごく数名ぐらいからは会費をという意見もありますが実行に至っていません。

運営委員といっても一般会員のみなさんとおなじように出来高もしくは作品拘束(もしくは半拘束)のアニメーター・演出なのです。

会員数もどうにか500人になったようですが最近の調べでは業界内に4500人以上、5000人はいるらしいというアニメーター・演出の一割です。

これでは圧力をかけるべき相手に圧力をかけられず、下手に動くことによって逆に圧力をかけられるのではないかと疑心暗鬼になっているのが現状です。

個人や会社に不正があったという報告を受けてもお役所や警察のような「裁きを下す」的なことは全く持って無理難題なのです。

JAniCAブログのコメントでTAMさんが上手いこと言ってくれています

「JAniCAはアニメーターや演出の生活改善のために働いてくれる第三者の作った力の強い慈善組合」

そう誤解をされてる方が多いのではないでしょうか?
公式サイトのQ&Aに目を通された方は分かると思うのですが、どちらかというと

「JAniCAはアニメーターや演出自身のボランティア運営の互助会」

ですね。

まさに言いえて妙、ありがとうございます。

私はJAniCAに参加して本格的に活動し始めたのが去年の秋を過ぎた頃のもあり収入に差し支えることはなかったのですが、それ以前から活動していたメンバーの中には年収が半分になった者もいます。

多分このままいくと私も半分とまでは言わなくても3分の2ぐらいになる可能性大です。そうはならないようにうまく立ち回るつもりではいますが…。

「ダメだ、こんな協会、入会はおろか支持なんか出来たものじゃない」

こう思われた方々も多いでしょう。

しかし地味ながら結果というか各方面動きが出ています、経済産業省、コピライト(業界向け著作権専門誌)、草加JC、公正取引委員会、e.t.c、これら全て私たちから呼びかけて来てくれたのではなく、相手側から詳しい話を聞かせて欲しいとやってきたのです。

会員向けにこのようなメールが送られています。

読売新聞web

http://clip.nifty.com/entry/891c542fc3a5776f40c622b363970a5fbaabd1c4/245953

読売新聞に載った記事です。放送局が優越的地位を利用して、不公正な取引を下請けに強要してないか、公正取引委員会が調査に乗り出した模様です。 実はJAniCAでも、昨年暮れに公取委の方と面談し、芦田代表と発起人の奥田誠治、ふくだのりゆき、事務方の新藤歩、太田宏一朗及びスタジオ4℃の田中栄子社長がアニメ業界の実態についての調査に協力しています。 そんなわけでこのニュース、続報を見守りたいと思います。

 私が公正取引委員会の調査に興味を持ったのは不公正な現場を取り締まることが出来ないのかの可能性を探ろうと思ったからです。

しかしお話を聞いているうちに気づいたのですが公正取引委員会はグローバルな立ち位置で取引を監視しているのだということ、大きな括りの中の末端であれば改善の恩恵が受けられる可能性がありますが、末端同士のいざこざまでは介入しないのだなと理解しました。
間違っているようでしたらコメント下さい。

そしてここからは有益な情報、公正取引委員会が得意とするのは「優位的地位の乱用防止」だそうなのです。

「アニメ自体利益が上がらないのだからテレビ局は新作アニメを作るのをやめればいい」という意見をネット上で見かけましたが、もしそのような理由でアニメーション業界が追い込まれるようなことがあっても公正取引委員会が許さないということです。

知っている方々も多いかと思いますがTV制作全般がアニメ業界のような扱われ方なのです。

やはり優位にいるのは製作側と言わざる終えません。

たとえばアニメーター・演出が単価仕事で自転車操業なのと同じように制作会社も一話いくらで納品後入金という単価仕事なのです。

局、代理店はたとえトータル予算が同じでも番組開始前に「準備費」を用意するべきなのです。

たとえばキャラクターデザイン料、一話につき38,000円とあんまりな額な上に納品しないとその額は制作会社に振り込まれないというこの現実。

これでは有能なキャラデザイナーに専念してもらったり新鋭デザイナ-ーを育てながら使おうなど出来るはずがありません。

これらが改善に向けて動き出したのは喜ばしいことですが改善=今すぐ良くなるわけではないことをご了承ください。

長い目で見守っていただければ幸いです。

**************************

話は変わって、去年末ぐらいにEMONEという端末を買い行き帰りの通勤時間に長文が書けるようになりました、ですので実は結構ブログを書き溜めてありどういう順で発表しようか迷っています。

以下の中から皆様が興味あるので掲載して欲しいと要望が強いものの順にアップロードしようと思いますので「○番について知りたい」と書いたコメントを頂ければそれにお応えします。

  1. アニメーションの学校について。
  2. 搾取の構造について。
  3. アニメーターにまつわる裏話。
  4. JAniCAの近況。
  5. その他。

その他はお好きな内容をお書きください。
自分のブログを読み返して思うのは「一回が長い!! こんなに長いのなら二三回に分けて更新をマメにすれば良いんじゃないか?」と思いましたので(笑)そうすることにします。
書き溜めたものは短いもの長いもの色々あるので短いものを基準に子だしにしていこうと思います。

あっ、でも次回はコメントにお答えしようかな。

|
|

« JAniCA説明会締め切り | トップページ | コメントにお答えします。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも記事を拝見してます。
2番の搾取構造について詳しくお聞きしたいです。
スポンサーが出したお金がどんな割合で分配されているのか気になります。場合によって割合が大きく変わったりするのでしょうか?

私もアニメ制作に関わっていたので書き込みついでに知ってる情報を放出。
遊技機向けアニメ化における版権取得費。
映画化された長寿マンガで1000万。
老舗ゲームメーカKのゲームタイトルで1億。
一定台数(1万台とか)までは定額でそれ以上は台あたりいくらでうわのせ。
こんな感じ。

投稿: HR | 2008年3月12日 (水) 10時47分

こんにちは。初めまして。
実は来週からアニメーターになるものです。
密かにブログ通っています。

ところで全部気になる話題なので、どれも聞きたい話なのですが
4JAniCAの近況。
が一番気になっているところです。
実はまだJAniCAには入っておりません。
それはまだ自分が入社前ということもありますが
その他に、会社に所属する上でJAniCAに入っても
周りから何か言われないか若干心配があったり…しています。
例えば自分の会社にJAniCAに所属している先輩や上の方がいたら
入りやすいのですが、
もしもふくださんの言うように、JAniCAがまだ認知度が低く
会社内でJAniCAの存在がまったく知られていないとしたら
勝手に入ってもよいものなのかと、新人なので余計に思います。

なんだか失礼な発言してしまい、申し訳ありません。
JAniCAにはとても興味があり、入会したい気持ちがあるのですが
もしかして自分と同じように入りたくても
踏みとどまっている人もいるのでは、と思い
意見として書き込ませていただきました。
不適切な発言でしたら申し訳ありません。

投稿: 鷹 | 2008年3月12日 (水) 14時25分

いつも拝見させて頂いております。
私は学生で、コンテンツプロデュースについて学んでいます。

JAniCAの加入者数がその程度しかないというのは
実に残念です。もっと浸透するといいなぁと思います。

アンケートですがぜひ1番を読んでみたいです。
なかなか学校の話を聞く機会がないのでぜひ^^

投稿: riywo | 2008年3月13日 (木) 00時09分

 ふくださん、初めまして。
 (5.その他)について是非お伺いしたいことがあります。
現在、児童ポルノにアニメ・マンガまで含めて規制しようという動きがあるのはご存知でしょうか[1]。これに関連した質問なのですが、ふくださんを始めとした現場のアニメーターさん達はこういった動きに対してどのようにお考えでしょうか。
 アニメ・マンガを規制の対象に加えることには、反対派から様々な問題点が指摘されており[2]、私も反対の立場でありますが、「では今現場で働いている方達はどうお思いになっていらしゃるのか」と思い質問させて頂きました。非常にお答え頂き難い質問かと思いますが、お考えをお聞かせ頂ければ幸いです。

[1]アニメ・漫画・ゲームも「準児童ポルノ」として違法化訴えるキャンペーン MSとヤフーが賛同
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/11/news097.html

[2]【児童ポルノ法】また、アニメ、マンガ、同人誌などの危機が到来しそうです【表現の自由】
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2008/02/post_893d.html

投稿: アニメーター志望 | 2008年3月16日 (日) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140395/40272315

この記事へのトラックバック一覧です: 誤解が多いような気がします。:

« JAniCA説明会締め切り | トップページ | コメントにお答えします。 »