« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年6月

コメントが盛り上がっています

ココログは「コメント(26)」のボタンを押さないとコメントが表示されないのが不満でいままでコメント返しをメインブログ上で展開していましたが、即レスをしたせいか「じゃ何円が適正単価なの?」のコメント欄が盛り上がっています。
せっかく面白い展開なのにアクセス数は普通なのでここで宣伝してみました。

ご一読何卒よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

じゃ何円が適正単価なの?

丁度一年ぐらい前にmixiの「『アニメ屋』コミュ」でアニメーターを対象にアンケートをとったことがあります。

それによれば原画マン月産50カットぐらいが平均のようです。

50名のサンプルなので説得力に欠けますが私はほぼ間違いない数字だと思います。

ざっと調べたところ20代後半エンジニアの平均年収は495万円だそうで(4,950,000円÷12ヶ月)÷50カット=8,250円正当なTVシリーズの原画単価ということになるでしょう。

劇場なら3倍の24,750円~30,000円が適正でしょうか。

ただ30代前半(30~34歳)は526万円、30代後半(35~39歳)は636万円、40代前半40~44歳)は712万円となってますか ら、それぞれの年収マイナス495万円(30代前半なら31万円)を何かしらの形で(契約料、拘束料、半拘束料)フォローするのが望ましいでしょう。

次に動画ですが同じ50名のサンプルで大雑把に見てやはり月産400枚ぐらいが平均値と言うことでした。

とするとやはり大雑把に見た大卒平均初任給が200,000円÷平均枚数400=500円正当なTVシリーズの動画単価と言うことですね。

現在団塊の世代の先輩達が動画マンだった頃は今のような低賃金ではなく比較的高収入であったと聞きます。

そのころ動画一枚描けばラーメン一杯食べれたと。適正動画料500円ということはやはりラーメン一杯分(笑)

それはその頃のラーメンが120円ぐらいであったからと言う事なのですが現在でも120円がまかり通るスタジオもあると聞くから驚きです。

適正動画料500円は高いとは思いませんが確かな技術のある人に出したい金額ですね、劇場なら1,500円~2000円ぐらいが適正でしょうか。

| | コメント (37) | トラックバック (1)
|

原画単価の相場は4,000円~4,500円ですから。

私がアニメータを始めた20年前ぐらいはTVアニメの原画単価の相場は2,500円~3,000円でした。

しかし現在のようなインターネットなど皆無でしたから外界から閉ざされたスタジオではTVアニメの原画単価800円などと言うところもあったようです。

しかし今はネット社会、ちょっと検索すればTVアニメの原画単価相場は4,000円~4,500円ということがすぐに分かります。

元受ではない孫受けの会社に勤務して作業した際には4,000円~4500円からマイナス10~20%(いわゆるショバ代)はいた仕方ないのですが未だに1,000円ぐらいの単価で作業させられているところがあると聞きます。

たとえば4,000円からショバ代を引いて3,200円、さらに新人であれば指導者が付き添わなくてはなりませんからその人に対しても会社としては20%ぐらいをを振り分けてあげたいでしょう。

計1,600円を天引きされ新人原画マンの手取りが2,400円であったとしても不思議ではありません。

しかし、いかなる理由があろうと原画料2,000円以下に値段設定する会社はボッタクリです、たたでさえ安い原画料を50%も上前を撥ねてしまっては人道に反します。

それに孫受け(もしくはグロス受け)の会社でも努力して単価は元受と同じにしているところも多いです。

それなのに50%引き…ありえません…。

そしてその値段で作業させられている人達は疑問を抱かないのかと…

最初に述べたように今はネット社会です、単価の相場は調べればすぐに分かります。

ここで考えられる原因「アニメーターの劣等感につけこむ」というのがあります。

よくアニメーターは「俺、下手だから…」とか「才能ないから…」などとへりくだった事を言いますが、100歩譲ってそうだとしても原画料50%引きの理由にはなりません。

まずい絵(原画)を描いたなら良くなるまでリテークにするべきだからです。

そしてどうしてもそれが出来ないなら職を辞するしかないからです。

もし「お前の絵はドヘタで作監が全修正だから50%引だ」などと言う会社があるとしたら、その引いた額は作監に払われていなければ理屈が通りません。

とにかく原画料1,000円や2,000円の会社はどういった過程を経てその額になったかの説明責任があります。

原画マンと会社が納得いった上での1,000円や2,000円なら私が文句を言う立場ではないので。

そして・・・

TVアニメの動画単価相場は200円~300円ですから~。

次回は「じゃ何円が適正単価なの?」をおおくりします。

ご期待ください(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »