無料ブログはココログ
2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

《スタッフ募集》

  • この度

    「スタジオあなろぐ」はメンバーを募集しています。 場所は高円寺駅から徒歩5分ぐらいにあります。 普通の民家なので地図とかは掲載できないのですが、近くにユーフォーテーブルがあります、高円寺駅からユーフォーテーブルに向かう途中にあると考えていただくとわかりやすいかもしれません。 応募はこちら:st.analogu@gmail.com 上記のメールアドレスに 1、お名前 2、ご連絡先(お電話番号、メールアドレス等) 3、ご質問等 をお書きになってご応募ください。 質問のみのメールも歓迎いたします。 我々のスタジオは作画スタジオと分類されますが参加メンバーは作画以外でも全然構いません、 演出、仕上、撮影、制作、はたまた漫画家、イラストレーター、CGデザイナー、CGアニメーターでも構いません。 たった一つの資格といえば、 「毎月家賃16000円を支払える方」 ということだけです。 要するに、スタジオあなろぐのメンバーになるという事は 「月々16000円支払って仕事場所を確保し、仕事先とのやり取りをスムーズにしやすくする。」 という事です。 是非ともオススメしたいのが現在「スタジオ勤務を希望しているのにやむ終えなく自宅作業」されている方です。 スタジオあなろぐ始動当初も募集していましたがその頃なかった机も設備も整いましたので、ご興味おありの方は一度見学なさることをオススメいたします。 集中力を高めたい方用に「個室」もございます、お気軽にご相談下さい。 「スタジオ内写真とかあった方が応募しやすいんでは?」というご意見をいただきましたので、取りあえず室内写真を貼っておきます。 配置等はまだこれから改良しますのでご安心ください

ウェブページ

フォト

« 新人動画オリエンテーションのススメ | トップページ | 【訃報】 金田伊功さんの思い出 【追悼】 »

2009年4月11日 (土)

イベント参加ありがとうございました

5日に行われた「新人動画オリエンテーション」に参加された新人さん及び会場の準備運営していただきましたjanica.potclubのメンバーの方々本当にありがとうございました。

何がありがたいかって私立案運営の会ですから誰も来なかったらどうしようとか、段取りが忙しさにかまけてグダグダになりjanica.potclubの方々に愛想を尽かされてしまったらどうしようとか心配しましたが、なんとかそれらしい会になりホッとしております。

心残りなのは時間が読めず言い漏らした事があった事です。

この場を借りて一つだけ追加させていただきます。

それはは、クリーンアップについてです。

とにかく新人動画マンには線を「綺麗に描け」「正確に描け」「濃度を一定に描け」と言われるはずです。

これに疑問を抱いて辞めて行くアニメーターも少なくありません。

確かに「それらは良い絵描きに必要不可欠か」と問われれば「否」です。

しかし我々はアニメーター、特に日本のテレビシリーズを作画するとなると必要不可欠です。

何故か?

日本のアニメーションの現場で活躍しているアニメーターは「他人の絵をあずかる」という事が大前提だからです。

原画マンに昇格したとしても作画監督や演出が入れた修正とニュアンスが違う原画を描けばリテイクになるし、作画監督になってもキャラクターデザイナーが描いた設定と違っていれば叩かれ、キャラクターデザイナーになっても原作と違っていれば原作ファンの反感をかい出版社の逆鱗にふれます。

日本のテレビシリーズは90%以上が原作漫画、小説(挿絵イラストあり)、ゲームがあります。

残った10%もキャラクターデザイナー以外に「キャラ原案」があったり絵描きの嗜好よりも監督やプロデューサー、そしてスポンサーの注文に左右されたりデザインにおけるオリジナリティはかなり薄まるという事から逃れられません。

つまりは「他人の描いた絵をあずかるために器用な絵描きであれ」という事を学ぶために一見理不尽な事を強いられているという事なのです。

とは言え動画→原画→キャラクターデザイナー→監督の順にやりたい事のの自由度は上がっていきます。

より自由を求めるなら早く偉くなろうというモチベーションに切り替えるのが良いでしょう。

今現在動画マンである新人の皆さんはリレーのアンカーのような役まわりです、どんなに作画監督が良い絵を描こうと原画マンが格好良い動きをつけようと、視聴者の目に入る絵は「動画マンの描いた絵」なのです。

これをプレッシャーととるかやり甲斐ととるかで絵描きとしての将来が決まると言っても過言ではないでしょう。

正直新人アニメーターの道はイバラの道ですがそれを難易度高めのゲームぐらいの感覚で乗り切っちゃって下さい。

テイクイットイージー

です(^_^;)

« 新人動画オリエンテーションのススメ | トップページ | 【訃報】 金田伊功さんの思い出 【追悼】 »

アニメ業界」カテゴリの記事

コメント

最近あるゲームと、ある映画を観てアニメーターに興味を持ちました。

しかし調べれば調べる程アニメーターさんはすごいなぁと思わさせられます。

もっと早くアニメーションに興味を持っていれば良かったな

お話しや
作中ネタ

だけを考えつくヒトって

あるいは
演出にも
脚本にも
こうだろうと、補正かけたり、

そういう人材は、

プロダクションや

チームの中では

どういう「肩書き」なんでしょうか。

原作つきじゃないオリジナルの場合。

漫画だと編集さんがあーだこうだ横やりするけれど。

たまたま監督レベルがそうならともかく
もっと下っ端がテキパキやっちゃう場合。

そして、ギャラいくらになるんでようか。

「感性はがき展」のご案内(作品応募のお願い)

ブログ主様、こんにちは。

初めてコメントさせていただきます。私は、「越前大野感性はがき展」のPR担当スタッフの牧田と申します。表題に無関係なコメントでごめんなさい。

同展は、ハガキ大のサイズに、自由な発想で作った作品を応募してもらう企画です。

今年のテーマは「星」 

出品費用、枚数制限はありません。賞金は10万円(最優秀賞)です。応募締め切り日は、9月30日です。

このメール(コメント)は、この企画に関心を示してもらえそうな業種の方々にのみ送っています。是非、作品のご応募をお願いします。

P.S.
「感性はがき展」は、福井県大野市が主催する文化事業です。詳しくは、公式HPをご覧ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イベント参加ありがとうございました:

« 新人動画オリエンテーションのススメ | トップページ | 【訃報】 金田伊功さんの思い出 【追悼】 »