« 試みてみます。 | トップページ | 今年もやります!新人動画オリエンテーション »

自宅作業

お仕事募集で連絡を下さった方々ありがとうございます。引き続き募集してますので(右サイドバー参照→)何卒よろしくお願いいたします。

さて、本題

今の業界は自宅作業を容認する傾向にありますが私は基本的に反対です。

なぜならスタッフ同士のコミュニケーションこそアニメーターを育てるからです。

特に20代のアニメーターにとって自宅作業は百害あって一利無しです。

千人に一人とかの大天才なら話しは別ですが基本絵の描き方、演技、仕事の仕方は見て覚えるものです。

若いアニメーターは「描けない」と悩みがちですが当然至極、約20年間ほぼ皆が「我流」で描いていたはずで加えて動画や原画の描き方など専門の学校で学ぶ2〜4年以外教わる機会など無いはずで行き詰まるに決まっているのです

そうなった場合、無尽蔵に練習出来ればいいでしょうが大抵仕事に追われてできないはず、そこで誰かに聞いてみるとか教わるという事が必要になって来るはずです。

しかしながら教え方があまり上手くない人や教えるのを嫌がる人もいます。

そうなって来ると最終手段「仕事を盗む」という手段しか残らなくなります。

「仕事を盗む」というのは職人の世界では当たり前ように語られる事ですが具体的に何をすることなのかわからない新人アニメーターも多いでしょう

突き放して申し訳ありませんがその具体的なことすら盗まないといけないのです。

ただ先輩達は盗みやすくてわかりやすい所に「それ」を置いてくれる場合もあります、そういうサインは見逃してはいけません。

一つ例をあげれば「門前の小僧習わぬ経を読む」が如く、スタジオ内での先輩たちの言動に数々のヒントがあります。

「この原画ひでぇなあ、○○○が○○○してあるよ」

とか

「この原画いいね〜○○○に ○○がしてある」

まずいといわれてる事はしない、良いといわれてる事はやってみる。

私はこのケースで覚えたことが多かったように思います。

さて、本題に戻しますがここまで語った事すべて自宅にいて一人で出来ますか?

JAnicA運営委員のヤマサキさんもそう言った事を憂いてJAnicA掲示板に書き込みをしています。

http://www.janica.jp/club/modules/d3forum/index.php?topic_id=22

しかしながら最初に「基本的」と書いたようにもちろん例外もあります。
  1. 突出した上手さ、実力、能力の高い人
  2. 身体的、精神的疾患のある人
  3. 妊娠中、育児中の人、共働きで未成年の子供を持つ人
  4. 副業としている人
  5. 老人または病人を介護中の人
まず1つ目が実力の問題です。

ヤマサキさんは「作画監督が出来るくらい手のかからないアニメーターであるべき」という意見でしたが、最近はまだまだ未熟な段階で作監になる人もいるので、私は経験豊富な作監クラスと付け足したいと思います。

さらに新人でも自主制作アニメを作りつづけその上、宮崎駿クラスの上手さを誇る人は他人から得るものはもう無いでしょうから自宅作業でも問題無いでしょう。

そこまで上手ければ自分の集中力を高めることを最優先にしても良いと思います。

次に2ですが足腰が不自由であったり、うつ病などにかかっている人は致し方ないでしょう。

3は2と似ていますが子育て終了したら現場に戻るのが望ましいと思います

4はようするに「この業界に骨を埋める気の無い人」です、少し突き放した言い方をしますがそういう人達は界を支援する人であって業界の支柱となる人ではないと思うからです。

5は説明の必要もないかと。

以上の理由で原画を自宅で作業するのは問題ないと思いますが、作監作業をするならやはりスタジオに入って後進を指導しながらが望ましいでしょう。

ただ懸念されるのは作監時担当原画マンが誰一人スタジオにいないということが最近多々あります。

しかし、それだからスタジオに入らず自宅で作業するといいだすのは早計です。

作画監督は作画の代表であり責任者であるのですから演出さん、色彩設計さん、仕上げさん、撮影さんなどと制作進行を間に挟まず即座に連絡が取れる場所にいるべきです。

制作進行の情報伝達能力を疑うわけでもないのですが又聞きの又聞きなどでは伝言ゲームのように情報がゆがみます。

情報伝達の不備が業界を蝕んでいる病理といっても過言ではありません。

そういう点を考慮すれば総作監ならもっと現場に常駐する必要があると思います。

人々が集まる場所には不和や諍いも絶えませんが、成功時の喜びを共感したり、お互いの健康を気遣ったり、その後の仕事に繋がったりすれば多くの人がハッピーになれると私は思うのです。

業界に入って早いうちから自宅作業をしその喜びを知らない人達は、

「いまさらそんなことできないし、そんなにうまくいくとも思えない」

と言って二の足を踏むでしょうが、騙されたと思ってお試し下さい。

--------------------------

最後に別件

ネットを見回っていたら不可解な書き込みが・・・

「ふくだは若い子を働かせて自分が儲けようとしている」

と言う書き込みです。

私のブログのどこをどう読めばそう読み取れるのでしょう???

|
|

« 試みてみます。 | トップページ | 今年もやります!新人動画オリエンテーション »

アニメ業界」カテゴリの記事

コメント

たいそう偉そうに言ってるけど、貴公のデュラララ9話は某掲示板とかブログでも大不評ですよw若い人間のこと言う前に作画監督の仕事ちゃんとして下さいね。

投稿: nanasi | 2010年4月20日 (火) 04時47分

nanasi様

コメントありがとうございます、ご意見参考にいたします。

これからも私のかかわった作品で何かお気づきの点がございましたら又コメントください。

よろしくお願いいたします。

投稿: ふくだのりゆき | 2010年4月20日 (火) 09時55分

ホントまじ自宅作業作監大迷惑(特に他県)

投稿: not name | 2010年4月22日 (木) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140395/47408960

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅作業:

» 【アニメ】:アニメフェア出展企業230社以上で 小間数前年比19%減 [白石運送]
■アニメフェア出展企業230社以上で 小間数前年比19%減 今年は数年ぶりにいっ... [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 23時27分

« 試みてみます。 | トップページ | 今年もやります!新人動画オリエンテーション »