最近のトラックバック

« 2017年4月 | トップページ

2017年8月

ふくだの夏の新刊販売中!

この度 ふくだのりゆき がコミックマーケット92に頒布しました本の通販&店舗販売を始めました。

↓↓↓こちらをクリック!↓↓↓

http://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=7196

↑↑↑こちらをクリック↑↑↑

以下がそちらのツイートです。

とりあえずコミケ当日の配置をおさらいしますと、
サークル名「ふくだのりゆき式」 頒布初日は委託で「高橋瑞香と柴田勝紀」さんのスペースをお借りして頒布しました。日取り、場所は平成29年8月12日土曜日 東地区A38b 頒布二日目は自サークル「ふくだのりゆき式」平成29年8月13日土曜日 東地区あ15bでした。

そして新刊の詳細は以下になります。

新刊 ふくだのりゆき第一原画集2017夏

コミケで売っている原画集は神作画が殆どと言っても過言じゃありません。 でも、じゃあ「普通のレイアウトや第一原画ってどのくらいなんだろう。」と思われた方にはこの第一原画集がおススメです。 新人アニメーター、アニメーター志望者向けの本となっております。 内容は○1-○ク○ャー○さんの作品集「○人ちゃ○は語りたい」「○AT○-○衛隊 ○の地にて、○く戦えり」「○つの大罪 ○戦の予兆」です。

Db5

2017年8月12日 発行 / B5 / 104 P / ¥1,500

新刊 ふくだのりゆき作監修正集2017夏

コミケで売っている作監修正集はスーパーアニメーターが殆どと言っても言い過ぎではありません。 でも、じゃあ「普通の作監修正ってどのくらいなんだろう。」と思われた方にはこの作監修正集がおススメです。 最近作監として招集された若い人向けの本となっております。 内容は去年の冬コミに出した「ふくだのりゆき第一原画集2016」の続きです。

Eb5_2

2017年8月12日 発行 / B5 / 104 P / ¥1,500

表紙キャラはふくだのりゆきオリジナルの「80年代風主人公キャラ」です!
---------------------------------------------------------------------------
今回も同人誌を頒布しようと思ったのには様々な理由があります。
勿論お金の事もありますが何より、絵を描きすぎてしまう人達に「仕事なんだから『このぐらいで良い』」という警鐘を鳴らしたく、同人誌頒布に至りました。

先ず第一原画集を出す意義を説明いたします。

よく若い原画を始めたばかりのアニメーターは無駄なディテールにこだわり、まるで動画マンが描いたような綺麗な線で第一原画を描きます。

超大作の劇場作品で第一原画単価が30000円ぐらい出ているならそれもアリかもしれませんが、第一原画料2000~2300円ぐらいならラフでいいんです、ではどのくらいラフでいいのかと言えば「これだ!」という現物を用意した形です。

あと演技の量とかも入れすぎると原価割れします。ならどのぐらい演技させればいいのかといえば「このぐらいだ!」という主張もこもっています。

そして少しぶっちゃけてしまえば「描き飛ばしの粗製乱造ベテランアニメーター氏ね」的なツイッター上での呟きをよく見ます。「もしかして俺ってその部類に属しちゃう?」という問いかけとしての頒布です。
どうですか?これは最近の若い作監さん達的にはアウトですか?

次に作監修正集ですがやはり第一原画集と同じようにこのぐらいのラフで良いというメッセージもありますが、「部分修正でも良いんじゃないか。」という主張も混もってます。

第二原画マンは昨日今日アニメ業界に入ったかもしれない動画マンよりも若干デッサン力、キャラ似せ力が高いと認められて任せられるものです。その人達に何故「トレスするだけで済む」ような動画のような作業をさせる必要があるのでしょう、描く喜びを奪ってはいけません。
では具体的にどのくらい描けば良いのか「このぐらい描けばいいよ!」というメッセージを今回の同人誌、「ふくだのりゆき作監修正集」に込めたのです。
元の原画を下敷きにして描きますから、第一原画より丁寧っぽく見えますがほとんどが全て一発描きです。

作監料はカット割(35万円÷280カット=1,250円÷2)にして一原二原で分ければ一原修正料約700円ぐらいです。一原料2000円なのに何故1,300円も自分の懐から出して修正してあげなければいけないのか、700円なりの絵を描かなくては原価割れしてしまいます。

ではどのくらい描けば良いのか「このぐらいだ!」というメッセージを込めて描き、そして同人誌にしました。
この「ふくだのりゆき作監修正集2017夏」で○グ○の修正は出し切るつもりでしたが、実はまだ少しあります。(^_^;)なのでそれは2017冬コミの新刊の一部として出すつもりです。
前回頒布したものと大体同じ主張ですが、以上が今回の「ふくだのりゆき第一原画集、作監修正集」の発行意図です。

加えて、同輩や先輩のベテランの方々も、是非ともご購入いただいて「なんだ、ふくだってヤツは普段偉そうなこと言っているがこの程度か。」とか「こんなんじゃ原画が足りない!」とか「ミスが多い‼」とか好きな事を仰ってくださってかまいません。むしろ言ってください。
この同人誌はうまく描けた部分をピックアップしたわけではありません、「第一原画集」はカット順、「作監修正集」は上がった日にち順に掲載しただけです。故にミスも抜けも勘違いもそのまま掲載いています。
ですので若い皆さんは「なーんだ、ベテランでもこんなもんなんだ。」と気楽に考え、ミスを恐れずズバズバ原画を量産してください。
前回同様、誤字脱字も激しい勢いであります。大変申し訳ございません。

ですが、自分的に「こんな原画集があったらいいな。」というものをまとめたつもりです。
そして今回の夏コミは以上の宣伝無しに頒布したせいでしょう、ちっとも売れませんでした(涙)なのでこの通販&店舗販売にかけています、是非ともご購入下さい!!

どちら様も、ご購入の際は上記の事を踏まえ、お読み頂くと幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。


.
.
.
.
.
.

最後までブログを読んでいただいた方への特典!頒布当日貼ってあったポスターをどうぞ!!
92b

« 2017年4月 | トップページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ